【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


お願い

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 6月17日(金)09時59分2秒 softbank126126208242.bbtec.net
返信・引用
  昨日、CDの件でメールをしてくださったyaeさま
いろいろ試みたのですが、どうしても返信できません。
メールで電話番号などお知らせいただけますか。
どうぞよろしくお願いします。
 

Re: ヤンのポスター

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 3月23日(水)23時18分56秒 softbank126126226094.bbtec.net
返信・引用
  > No.76[元記事へ]

クリリンさん、

そうですね。ちょっと変わったカフェで変わった音楽がかかっている気分で、聴いてみてください。



 

Re: ヤンのポスター

 投稿者:クリリン  投稿日:2022年 3月23日(水)10時04分8秒 zaq3a5526a8.rev.zaq.ne.jp
返信・引用
  まり子さん

You Tube を紹介してくださってありがとうございます。
オデッサ・イスタンブールの席に腰掛けているつもりで聞いてみますね。

「劇場」の舞台がリビウだったとは。リビウもマリウポリも今まで聞いたこともなかった地名でした。
オデッサにも危険が迫っていて、なんとかならないものなのかと、たまらない気持ちです。
 

Re: ヤンのポスター

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 3月20日(日)21時58分34秒 softbank126126226094.bbtec.net
返信・引用
  クリリンさん、

レオニード・ソイベルマンの「Juliki」がYouTubeにありました。
聴いてみたらがっかりされるのではないかと躊躇しましたが、私の個人的な思い出と思いの詰まったCDなので、紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=GFxyyjUmDgI

そう言えば、ウクライナ西部の都市リビウですが、ヤンの短篇集「小ネコちゃんて言ってみナ」の中の「劇場」はリビウを設定して書かれた短篇なのです。かつてリビウには多くのユダヤ人が住み、映画産業が盛んだったそうです。ナチスの侵攻を逃れてアメリカに渡った彼らは、後にハリウッドに映画産業を興しました。
ユダヤ人作家のブルーノ・シュルツもリビウに近い町に生まれ、その町のゲットーでナチスに殺されました。
それで、リビウは暗く小さな都市というイメージを持っていたのですが、数日前までNHKの記者が中継していたリビウの中心の広場は一見広々として明るく穏やかな様子なので、イメージが覆されました。しかし、今は攻撃が近づいて危険な状態なのでしょうか?心配です。
 

Re: ヤンのポスター

 投稿者:クリリン  投稿日:2022年 3月20日(日)10時09分47秒 zaq3a5526a8.rev.zaq.ne.jp
返信・引用
  > No.73[元記事へ]

まり子さん

報道特集を私も見ています。金平記者のインタビューも興味深く見ました。
普通の人々はどこの国でも普通の感覚を持っているのですね。当然のことながら。
政府筋の情報しか届かない「無知」状況に置かれることの恐ろしさを思いました。

レオニード・ソイベルマンの音楽を「ヤンの小屋」で是非聞いてみたいです。
その頃、世の中が少しだけでも良くなっていることを期待したいのですが、どうなることか・・
 

Re: ヤンのポスター

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 3月20日(日)01時20分20秒 softbank126126226094.bbtec.net
返信・引用 編集済
  クリリンさん

21世紀にこんなことが起きるなんて思いもしませんでした。
しかし、ミャンマーでも中国のウイグル自治区でもベラルーシでも独裁者は自国民を虐殺したり、自由を奪ったりしていますね。

ここのところ、ある曲が頭の中で鳴り響いています。レオニード・ソイベルマンの28年前のCD「Juliki」です。ソ連崩壊の前後には、ソ連公式の芸術とは全く異なった想像もしなかったワクワクするような刺激的で創造的な音楽や芸術が現れました。その中の1人がレオニード・ソイベルマンでした。ソ連各地や周辺国のの民謡や愛唱歌やロマの音楽などが、刺激的でどこか投げやりに演奏されます。
カフェ・オデッサーイスタンブールの店内では毎日のようにかけていましたし、家でも毎日聴いていましたが、聴かなくなってから25年ほど経ったでしょうか。それが急に頭の中で鳴り出したのです。
25年ぶりにCDを聴くと、ソ連崩壊を予期したように聞こえます。そして、その先は思っていたような世界ではなかったことも。多くのユダヤ人が住んでいた貿易都市オデッサの曲もありました。ソイベルマンもユダヤ人です。
何故このCDを思い出したのか?破壊されたウクライナの街の映像が、このCDの破壊的で投げやりな演奏に重なったのかもしれません。そして、やりきれない思いの私の気持ちに重なったのでしょう。
プーチンのロシア崩壊を予期するような新しい芸術の動きは見えてきませんね。

ソイベルマン始め、当時のソ連の新しい音楽・芸術をレポートしてくれたのは、ソ連特派員だった金平茂紀記者でした。現在はTBSで土曜夕方に放送されている「報道特集」のキャスターとして活躍しています。ウクライナの取材もしています。昨日はベラルーシの取材で独裁者ルカシェンコのインタヴューや市民の声が興味深かったです。私は他のニュース番組はほとんど見ないのですが、これだけは録画して見逃さないようにしています。

 

ヤンのポスター

 投稿者:クリリン  投稿日:2022年 3月19日(土)10時57分30秒 zaq3a5526a8.rev.zaq.ne.jp
返信・引用
  まり子さん、こんにちは。
ヤンのポスター見ました。「危機泥棒」にも深く共感しました。
全く信じられないという思いで毎日のニュースを見ています。
人質になった人々に武器を渡して戦えと言っているかのような状況にも、「軍事評論家」の解説にも違和感を覚えます。
ヤンの世界で親しくなったロシアの山野の風景、サモワール、美味しい料理を思うと悲しいし、
ロシアに住んでいる普通の市民の声が聞こえてこなくなってしまったのも悲しい。
ウクライナの人々が一人でも多く救われることを、ロシア内外の普通のロシアの人々が差別や迫害を受けないことを祈っています。

 

Re: 松虫草 訂正です。

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 3月 2日(水)18時22分52秒 softbank126040056029.bbtec.net
返信・引用
  > No.70[元記事へ]

素敵な本屋さんを営んでいらっしゃったのは、由美子さんのお母さまではなく、おじさまご夫妻でした。詩人でもあったおじさまが、ヤンのシリーズを認めてくださってずっと本屋さんの書架に置いてくださったそうです。

間違った記載をしてしまい、雅代さま、由美子さま、ごめんなさい。
あらためて由美子さまのお母さまのご冥福をお祈りします。

 

Re: 松虫草

 投稿者:Mariko Machida  投稿日:2022年 2月27日(日)22時36分38秒 softbank126040056029.bbtec.net
返信・引用
  > No.69[元記事へ]

雅代さま

投稿ありがとうございます。
由美子さんのお母さまは、確か素敵な本屋さんを営んでいらして、ヤンの本を置いてくださった方と、記憶しています。
ご冥福をお祈りします。
雅代さんが贈られた松虫草と一緒に、ヤンも町田純も感謝の気持ちでご冥福を祈っていることでしょう。

由美子さんが思いっきり泣いて、悲しんで、そして「善良なネコ」のラストシーンのように投げやりなトルコマーチを口ずさみながら前に進んで行く日が来ることを願っています。

やっと暖かくなってきましたが、花粉も本格的になってきますね。花粉の季節も早く過ぎますように。どうぞ気を付けて下さい。

 

松虫草

 投稿者:内田雅代  投稿日:2022年 2月27日(日)14時23分44秒 KD106168066127.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  まり子さん
いつも返信をありがとうございます。

お友達の由美子さんのお母様がお亡くなりになったと聞いて、お花を送りたいと思っていたところだったのですけど、何が良いか悩んでいました。「白い松虫草」ってあるのですね。秋に山登りをしていると青紫の松虫草が咲いていることがあって、見つけると嬉しくなっていました。早速、お送りしたのですけど、とても喜んでもらえました。白い松虫草は、今年の純さんのお誕生日にまり子さんが送られたお花だと伝えると、いっそう喜んで下さいました。先日お宅にお参りに行ったのですけど、白い素敵な花瓶に入れてご仏壇に供えてありました。10日くらい経っているのに元気に咲いていました。
私の母が亡くなったとき、まり子さんがかけて下さった言葉に本当に慰められたのを思い出します。まり子さんの深い生き方から生み出された言葉だと思いました。

もう3月になるのですね。3月は花粉のせいもあるのか私はいつもちょっと心身に変調をきたしてしまいます。まり子さんも、どうぞ気をつけてお過ごし下さい。
 

/8