新・五井先生掲示板_老子講義

志の無いもの入るべからず



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


58件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[58] 老子講義P74

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月21日(木)04時36分18秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P74

けの立場で事に処している人が尠ないのです。汚職までしなくとも、いつでも自己という立場を
持しながら、自己という立場を主にしながら、公人の仕事をしている人が殆どなのであります。
 各大臣をはじめ、役所の人々が、自己を公の中に融けこませて、という人は沢山あるでしょうが、
真実の公とは、そのぐらいの心境ではないのです。自己の生活とか、自己の立場とか、そんな想い
の一切ない、空になり切ったところに、この公という心の立場ができてくるのであります。
 公的な立場とは、そのぐらいの心境ではないのです。自己の生活とか、自己の立場とか、そんな想い
の一切ない、空になり切ったところに、この公という立場ができてくるのであります。
 公的な立場とは、実はそのように深いものであるのですが、現代の公的と言われる立場にある人
に、そうした深い公を教えてもとても無理でありましょうから、私的に、すべての自己心を、消え
は、やはり、世界平和の祈りのような、全く公的な祈り言の方がよいのです。
 次の王という字でも、王の上の横線は天を示しているのですし、下の横線は地を示しているので
す。そして、天地の間に十時がありまして、この十字が天地を支え大調和させている形になってい
るのです。
 この意味を簡単に申しますと、天の理念を地に現わす為には、人が、縦横十字、つまり、理想と
----------------------------------------------------------------------------------------
各大臣をはじめ、役所の人々が、自己を公の中に融けこませて、という人は沢山あるでしょうが、
真実の公とは、そのぐらいの心境ではないのです。自己の生活とか、自己の立場とか、そんな想い
の一切ない、空になり切ったところに、この公という心の立場ができてくるのであります。

です、このように深いので

公的な立場とは、実はそのように深いものであるのですが、現代の公的と言われる立場にある人
に、そうした深い公を教えてもとても無理でありましょうから、私的に、すべての自己心を、消え
は、やはり、世界平和の祈りのような、全く公的な祈り言の方がよいのです。

というように消えていく姿で世界平和の祈りでいいのです。




[57] 老子講義P73

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月20日(水)04時58分41秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P73

 次の常は知れば容る、という言葉のように、常を知れば、何もの何事も容れ得る自然の心と等し
い者になるのであります。

 容るれば乃ち公なり、公なれば乃ち王なり。王なれば乃も天なり、天なれば乃も道なり。道なれ
ば乃も久し。身を没するまで殆からず。

 "容るれば"から"道なり"まで、すべて神のみ心の状態を指していますので、そのような神の
み心と一つになっていれば、久遠の生命を得ることができるし、肉体身をもっていても、その身が
危うくなったり、困ったりすることがない、というのです。
 公なり、王なり、天なり、道なり、と種々の言葉を使っておりますが、これはすべて虚を致す
こと極まった心境、即ち空になり切った心、つまり神人としての心の世界を云っているのであります。
 ちなみに公という字は、おおやけ、という意味に使われています。このおおやけという言葉は、
自己がない広い立場をいうのであります。自己を広い立場に融けこませている人を公人という
のです。ところが現代のというより、いつの世でも、この地球界の公人というのは、真実のおおや
------------------------------------------------------------------------------------------
 公なり、王なり、天なり、道なり、と種々の言葉を使っておりますが、これはすべて虚を致す
こと極まった心境、即ち空になり切った心、つまり神人としての心の世界を云っているのであります。
僕は今、皆さんを見て虚です、
 世界平和の祈りを祈らないからです。
これはすべて虚を致す
こと極まった心境、即ち空になり切った心、
ですので、空です。



[56] 老子講義P72

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月19日(火)04時35分37秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P72

 老子の云っておりますこの常というのは、この世の常識などより計り知れない深いところの本源
世界の心の在り方を云っておりますので、一寸判り難いかと思います。最初の、虚の境地から出て
くるのが常の心なのでありますが、一口に云うと、宇宙心のみ心を心とした、宇宙心の法則にその
まま乗って生命波動をひびかせ得る境地を常というのです。

 常を知るを明と日う。常を知らざれば、妄りに作して凶なり。常を知れば容る。

 こうした常の心境を知っていることを明という。明というのは、読んで字の如く、あきらか、明
るい、ということで、闇がない曇りがない、迷いがない、というのであり、神の心の光明そのもの
ということであります。
 そして、常を知らないと、妄りに種々様々なことを思ったり行なったりして、凶を生んでゆくの
です。これは私がいつも説いておりますように、神のみ心の自然のままに、いわゆる自然法爾に、
自分の行為ができるようになると、業想念行為が生れてこないし、業の波動で、自己を乱し、人を
傷つけ、国を損ない、人類を不調和にするようなことはないのです。
---------------------------------------------------------------------------------------------
こうした常の心境を知っていることを明という。明というのは、読んで字の如く、あきらか、明
るい、ということで、闇がない曇りがない、迷いがない、というのであり、神の心の光明そのもの
ということであります。
 そして、常を知らないと、妄りに種々様々なことを思ったり行なったりして、凶を生んでゆくの
です。これは私がいつも説いておりますように、神のみ心の自然のままに、いわゆる自然法爾に、
自分の行為ができるようになると、業想念行為が生れてこないし、業の波動で、自己を乱し、人を
傷つけ、国を損ない、人類を不調和にするようなことはないのです。

消えてゆく姿で、常に消して明るく、
世界平和の祈りを祈りなさいということです。



[55] 老子講義P71

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月17日(日)03時43分27秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P71

ものだ、と老子は云うのです。そして、

 根に帰るを静と日う。是を覆命と日う。復命を常と日う。

と云っているのです。
 根つまり、本願に帰ることを静というと、老子は云っております。老子のいう静というのはどの
ようなことをいうのかと申しますと、自己という想いの少しもない。本源から離れた動きの少しも
ない、いわゆる想念波動というものの一切ない境地をさして云っているのです。もっとはっきり申
せば、大生命が、一つ一つの生命波動として活動をはじめようとするその元の相を静というのです。
 そしてこの静の状態になった時に、これを復命、命に帰った、命の源と一つになったというので
す。そしてその復命を常と日う、と老子は重ねて云っているのです。常というのはどういう状態か
といいますと、普通この世でいっております常識の常とは大分違っております。尤も、この世の常
識という言葉は、実は、この常という言葉の真実の意味から出ているのでありますが、今日では、
地球世界の一般人の誰もが肯定できる事柄をとらえて常識というようになっております。
--------------------------------------------------------------------------------------------
老子のいう静というのはどの
ようなことをいうのかと申しますと、自己という想いの少しもない。本源から離れた動きの少しも
ない、いわゆる想念波動というものの一切ない境地をさして云っているのです。もっとはっきり申
せば、大生命が、一つ一つの生命波動として活動をはじめようとするその元の相を静というのです。
というように大生命が、一つ一つの生命波動として活動をはじめようとするその元の相を静というのです。



[54] 老子講義P70

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月16日(土)03時13分37秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P70

時期になると、各自がその性に従って、現われ、成長し、やがて老い朽ちて、その姿を本減の世界
に復してしまう。どのように一時この現われの世界で栄えているようにみえても、すべての万物は、
その各自の根である、本願に復帰してしまうものである。万物の本源とは大生命の中であるが、各
自の根とは、大生命が植物4なら植物という色分けをした本源のことで、植物がこの地球界にその形
を現わす源の生命のひびきのことを言うのです。
 草木などが一つ一つの小さな種の中から、見るも美しい或いは雄大なその姿を現わしてゆくさま
を見ていると、一体あの種の中にどのような仕掛けがしてあるのかと、不思議に思わぬ人はないと
思います。
 種の中に存在する植物の生命のひびきが、大地に含まれているその生命を育てるひびきに調和し
て、あのような立派な美しい姿を現わすのであります。
 植物ばかりでなく万物すべて、各自の根源の世界にひそんでいた生命が、この世に現われる律動
(ひびき)を起こすことにより、そして、その生命のひびきを、この世に現わす助けをする様々な生
命のひびきによって、この世の繁栄がなされているのであります。
 しかし、そういう各自の繁栄は、どうしてもやがては再び本源の世界に復帰しなければならない
-----------------------------------------------------------------------------------------
植物ばかりでなく万物すべて、各自の根源の世界にひそんでいた生命が、この世に現われる律動
(ひびき)を起こすことにより、そして、その生命のひびきを、この世に現わす助けをする様々な生
命のひびきによって、この世の繁栄がなされているのであります。
というように、全ては調和して成り立っています。



[53] 老子講義P69

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月15日(金)03時17分13秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P69

だと思います。
 こんな言葉の詮議はどちらでもよいのですが、読む人にそんな疑問が出ないかと思って一言
しておくわけです。しかし、実際には、私が老子の心の中で云われたように、空にも深い浅いがあ
るのですから、虚と空とを一つに考えてもよいでしょう。
 そこで、この虚を致すこと極まれば、静を守ること篤し、という意味の説明に入りますが、自己
の自我欲望や小智才覚の想念を全くむなしく致しますと、その人の心境は、静かに澄みきってきて、
如何なる事件事柄にも、その想念が乱れることが無くなってくる、つまり静を守ること篤し、とな
るわけなのです。
 真実に自分の小我というものが無くなり、自己や自己のつらなるものの損得感情というものを超
えて、虚の心境になっていれば、何もの何事にも驚かず問章てず、静を守っていられるわけです。

 万物並び作れども、吾以て其の復を観る。凡そ物は芸芸すれども、各 其の根に復帰す。

草木が春になれば一勢に芽を吹き、勢が芸芸、つまり生い茂り盛んになるように、万物は一定の
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ですので、
そこで、この虚を致すこと極まれば、静を守ること篤し、という意味の説明に入りますが、自己
の自我欲望や小智才覚の想念を全くむなしく致しますと、その人の心境は、静かに澄みきってきて、
如何なる事件事柄にも、その想念が乱れることが無くなってくる、つまり静を守ること篤し、とな
るわけなのです。
虚が極まれば、静なのです。
ですから、世界平和の祈りを祈れば静になるのです。



[52] 老子講義P68

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月14日(木)04時01分1秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P68

虚を致すことを極まれば、静を守ること篤し。

普通一般に使われています虚という言葉は、むなしいという意味に使われていますので、虚言と
いえば嘘言であり、虚栄といえば、むなしい栄であり、飾り事であります。虚色、虚無、みんな心
なしいという意味を現わすことに使われています。
 ですから、うっかりこの虚の字を見ますと、真実でないもの、むなしい言葉のような気がして、
この言葉の真実の意味をはき違えてしまいおます。
 虚の真実の意味は、むなしいはむなしいでも、人間の自我欲望の思い、小智才覚の思いを、むな
しくする、という意味でありまして、その点は、空という言葉と等しい意味をもっております。
 ただ、空と言いますと、そのものずばりと云いきって、空の段階などというものを考えることが
できないものです。ところが、虚といいますと、虚を致すこと極めれば、と老子が云っております
ように、虚の心境には段階があることを感じさせます。
 己をむなしくする、というむなしくする程度が極まった時に、空と普通云われるその心境と一
つになったという感じがします。ですから虚を致すこと極まれば、即ち空となり、と考えてもよいの
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
己をむなしくする、というむなしくする程度が極まった時に、空と普通云われるその心境と一
つになったという感じがします。ですから虚を致すこと極まれば、即ち空となり、と考えてもよいの

というように虚が極まれば空なんです。



[51] 老子講義P67

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月13日(水)06時14分29秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P67
  第七講 虚を致すことを極まれば、・・・・

 故虚極守静篤。万物並作、吾以観其復。凡物芸芸、各復帰其根。帰
 根日静。是日覆命日明。不知常、妄作凶。 知常
 客。客乃公 乃王。天乃道。道乃久。没身殆。

  [読み方]
  虚を致すことを極まれば、静を守ること篤し。万物並び作れども、吾以て其の復を観る。凡そ
  物は芸芸すれども、各 其の根に復帰す。根に帰るを静と日う。是を覆命と日う。復命を常と
 日う。常を知るを明と日う。常を知らざれば、妄りに作して凶なり。常を知れば容る。容るれ
 ば乃ち公なり、公なれば乃ち王なり。王なれば乃も天なり、天なれば乃も道なり。道なれば乃
 も久し。身を没するまで殆からず。



[50] 老子講義P66

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月12日(火)06時07分7秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

老子講義P66

いって、現在正しい方が全面的に正しく、現在悪い方が全面的に悪いとはいえないのです。
 また、主義や主張にしても、その主義主張が表面的には国を汚し、人類を乱すように思われるこ
とでも、実は国や人類の業想念を綺麗にするための大掃除による、種々のほこりが立っている姿か
も知れないのです。
 人類が神の子の真実の姿を現わすためには、どうしても、浄めが必要なので、人類の大浄化作用
のために、現在は各種の面妖な思想や、行動が起こっているのであります。
 そうした間違った思想や行動をみますと、正しい心の人々は、つい腹立たしくなるものでありまし
ょうが、そこで腹を立てたり、争いの思いを起こしたりしたら、その人自身も、神のみ心から離れ
ていることになります。そこで私は、すべての思想を先ず、世界平和の祈りの中に入れて、そこか
ら自分の想念行為を頂き直して、生活してゆきなさい、と人々にすすめているのであります。大事
な大事な平和の心を養う最大の方法は、やはり世界平和の祈りを根底にして生きる生活方法よりな
いのです。老子の一見むずかしそうな教えも、平和の祈りの中から行じる習慣をつけますと、意外
な程易しく実行できるようになるのです。
------------------------------------------------------------------------------

ですので、消えてゆく姿で、世界平和の祈りは偉大なのです。

老子の一見むずかしそうな教えも、平和の祈りの中から行じる習慣をつけますと、意外
な程易しく実行できるようになるのです。

という、ように、まず、祈ることが大切なのです。



[49] 老子講義P65

投稿者: ひぐひぐ 投稿日:2018年 6月11日(月)04時20分29秒 zaq771a1d4d.zaq.ne.jp  通報   返信・引用

老子講義P65

実際に、争う想いの少しでもある人は、真の平和主義者とはいえないし、老子のこの章のような生
き方はとてもでき得ないわけなのです。自己を完璧な人格にする最初の出発であり、最後の心でも
あるのが、平和なる心であります。
 平和な心が根底にあって、そこからすべての善徳が生れ出でるのであって、平和の心が根底にな
いと、一つの善徳を積んでも、どこかでその善徳を壊してしまう、不徳をしてしまうものなのです。
 ですから人は何にも先んじて、平和な心を養わなければならないし、争う想いを無くしてしま
わなければならないのです。
 自己の行為が正しくて、相手の行為が悪いのだから、自分が怒るのは当然だというような場合が
随分ありますが、私のようにその人その人の過去世からの想念所業の判るものから見れば、その時
には、確かにその人の方が正しく、相手方が百%悪いとしても、過去世からのお互いのやりとりを
通算してみれば、正しいと思っている方にも、悪いところが沢山あったので、相手方がその人に悪
く当たってくる理由も随分とあるわけなのです。
 個人同士のやりとりも、国家や民族同士の争いなどでも、その場その時だけのものではなく、過
去或いは過去世の歴史的な諸事情の下に今日の争いも生まれて来るのであって、現在正しいからと


レンタル掲示板
58件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.